FC2ブログ
11≪ 2018/12 ≫01
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2008-04-14 (Mon)
スワイショウも私が毎日行っている体操です。
朝晩は、スワイショウと西野式足芯呼吸をやって、午後にチベット体操をやっています。

この体操は、最近では、船井幸雄さんという経営コンサルタントの神様と呼ばれる方が推奨されている体操で、ある雑誌で「30歳若返る!」と書いてあったので、思わず買って実践しています。

この体操は、以前、気功教室に通っていたときにやったことがあり、とにかく一番簡単で、それでいて、気を高める効果がとても優れている。

船井さんは、70歳を過ぎた方ですが、5年前からこの体操をはじめて1年後には、0.1以下だった視力が0.4にまで回復し、現在では、1.0になっているそうです。
腕を振るだけでそんなに目が良くなるんだったら、それだけでもやる価値がありますよね。

船井さんの場合は、毎朝、奥さんとテレビを見ながら30分ほどやっているそうですが、若い人なら5分で十分だそうです。


以下はメルマガより抜粋
------------------------------
関英男工学博士は、80歳の時にガンになり、この体操を始められて ガンが完治して健康になり、96歳まで、生涯現役で研究を続けられました。

この単純な運動で白血球の中に、良い氣のエネルギー(グラビトン)が 生まれるということで、その効果はすごいものです。

スワイショウ=腕振り体操には、短時間で筋肉をほぐし全身の血行を よくする効果があります。
腕や手の血流も良くなることから、一日中ペンを持つ仕事の人、パソコンに従事する人には特にお勧めします。

また、体の表面にある筋肉だけでなく、内臓や背骨周辺にある深部の細かい筋肉までも動きます。

スワイショウをゆっくり行うと交感神経の緊張がおさえられ、副交感神経が血管を拡張して、血流を促します。

そのため、肩こり、背中や首のこり、ストレス、頭痛、冷え症、重い腰痛、便秘、生理痛、などが改善されます。病中・病後の健康管理などに適しています。

・腕振りだけで、全身に氣を沢山集めます。

・全生命体を蘇生させる力があります。

・若さの秘訣、活性酸素を中和させるメラトニンの分泌をよくします。

・癌や心臓・肝臓・脳梗塞の後遺症などに卓効があることが証明されているそうです。

 
スワイショウには、いくつかあるのですが、腕を前後に振るスワイショウがお勧めです。

・両足を軽く開いて床上に立つ(地面の上に素足で立つのが理想)。
・両腕を揃えて肩の高さまで持ち上げ、勢いよく後ろへ振り出す。
・反動で両腕は前方の元の位置に戻ってくる。

この繰り返しです。これで、万病も治るなら最高ですね。


関英男先生著の[グラビトニックス]には、病気治療のためには 一日2000回、単なる健康保持のためには1日500回となっています。

船井幸雄さんは、腕振り回数を以下のように薦めています。
 
年代 回数 所要時間
60歳以下の方 200回 3~4分
60歳代の方 300回 5~6分
70歳代の方 400回 6~8分
80歳代の方 1,000回 15~20分
90歳代の方 2,000回 30~40分


船井先生の著書「医者いらず老い知らずの生き方」の一文で安保徹 先生はこうおっしゃっております。

『一つの運動を根気よく続けることで若さが維持できる両手振り体操の 効果は、まず背骨がまっすぐに伸びることです。

また、両手を振るときに、両足の親指に力が入って腰の裏側にある仙骨が後ろから押されるような感覚があります。

現代人は猫背の人が多いのですが、これが改善されて姿勢がよくなります。
同時に、臍下丹田に力が入るので、下半身が安定してきます。

両手振り体操では、振ること自体にも効果があります。
日頃なかなか鍛えることのできないインナーマッスル、すなわち身体の 内側の小さな筋肉が刺激を受けて活性化することにより、身のこなしが 軽やかになります。

さらに、後ろに腕を振ったときに胸が開くので、胸腺の働きが活性化して いる可能性もあります。


私は生物が水の中にいた時代に獲得した古い免疫系と、陸上に 上ってから獲得した新しい免疫系があることを解明しました。

新しい免疫系は胸腺などにあって、加齢とともに働きが衰えます。
しかし、両手振り体操は、この新しい免疫系を賦活化している可能性があるのです。

単純な運動でも、何か特定の運動を熱心にやることが、全身の 筋肉強化につながります。

一つの運動を続けるだけで健康的な身体を維持できるのです。
大切なのは、その運動をやりつづけることです。


両手振り運動は一見、腕の筋肉しか使っていないようにみえますが、勢いよく腕を後ろに振ったときに上半身全体に刺激がいきますし、上半身を支える下半身にも負荷がかかります。
結果として全身運動になるのです。

単純な運動のいいところは、やるのが面倒にならないことです。
複雑な体操では毎日やるのが面倒になってしまうこともあります。
ラジオ体操ですら、けっこう複雑です。

面倒な動きが入っていると、途中でやるのがおっくうになって、結局、続けられなくなることが少なくないのです。

ですから、単純で続けることが苦にならない運動のほうが、結果として効果を発揮するのです。
両手振り体操は、その点でも優れています。

---------------------------------------


視力が大幅にアップするNo.1自力療法

眼科医が大推奨!
近視、老眼、緑内障、白内障、黄斑変性症、飛蚊症が大改善!
食生活の工夫から眼筋のトレーニングまで、実践することによって確実に成果の上がっている方法や、「視力回復マスク」「三点寄り眼カード」「視力向上ポスター」「視力向上カード」の付録もオススメです☆


あと、わたしは、腕振りをする時間を有効利用したいので、
単純に回数を数えるのではなくて、アワの歌を唱えることで回数を数えることにしています。

あわの歌は、唱えるだけで心と体が整い、嫌なことがあっても平常心でいられるようになり、
更には、幸運と奇跡と健康を呼び込む、不思議なパワーを持ったものです。
下記のサイトに詳しい説明があります
“アワの歌”で健康と幸せと奇跡を起こす♪

わたしの場合、回数を数えると苦痛になってくるのですが、アワの歌なら48文字なので、
5回唱えたら簡単に200回超えるし、手振りの効果も高まるのを感じて、とても気に入っています☆

---------------------------------------


ちなみに、船井幸雄さんの写真をご覧になって、頭のあたりなんか若くないじゃん!
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、、、
船井さんは、高校時代からすでにハゲていたそうです・・・(汗

Theme : 健康、美容、ダイエット * Genre : ヘルス・ダイエット * Category : 体操と呼吸法で若返り
* Comment : (2) * Trackback : (0) * |

スワイショウ * by みき
毎日やってます。なかなか痩せないけど健こうにはいいみたいです。

Re: スワイショウ * by 華子
パワーがわいてくるみたいで、気持ちいいですよね。
毎日続けると良さそうですね。
お互い楽しく続けましょう~♪

コメント







管理者にだけ表示を許可する